部活と予備校の両立、東進生ならあたりまえ
ますます部活で忙しい高2生のみなさん、東進の科学的学習システムで文武両道をカッコよくビシッときめよう!

他の予備校や普通の塾では実現できないことも、東進ならなんなく実現できてしまう。例えば、下のように…
他の予備校ならできないことでも、東進ならあたりまえのようにできてしまう学習システム

 普通の塾や予備校では授業のある日が決められていて、部活生にとってはやむなく欠席しなければいけないことが多いよね。定期試験間際になるとやはり欠席がちに…。まだある、文化祭、体育祭などなども。そのたびに授業を欠席ってことよくあるでしょ。1年間を通してみると多い人は2か月分以上も欠席があったりします。

 東進の場合は、自分のスケジュールに合わせて受講計画が立てられるので、部活も定期試験対策も、文化祭・体育祭の準備だって安心して取り組めますよ。土日の集中学習だってできる。東進には、欠席・遅刻という概念がないのです。だから、かけた経費も無駄にならなくて済むよね。

 そのうえ、上記のようなメリットを活かして、授業を受けるだけでなく、英単語・英熟語、古文単語などの基礎学力強化のためのプログラムを受講科目に関係なく容易に組み込むことが可能。もちろん神辺校では基礎学力強化プログラムのほとんどが無料だから安心してください。
 まだある、受けた授業に対して必ず取り組む確認テストや講座修了テストは、インターネットを介して取り組むオンライン学習だから家庭でも取り組めます。しかも何度でも。
 おまけに、どうしても東進に寄れないときには、東進の授業でさえも家庭でインターネット経由で受講すること(VOD受講:Video On Demand)ができちゃう。こうなったらもう東進をまるまる持ち帰っているようなものですね。
 これが東進メリット!東進だけができる離れ技です。

 東進衛星予備校は 授業を受けるだけの予備校ではなく、本当に学力を伸ばす ために科学的根拠に基づいた方法で個々の状況にあわせて効率よく学習を進められるように最先端の技術を駆使して高校生の学習環境整備を実現しています。

 これから益々忙しくなる高2生の皆さん、部活で時間が取れないから…とあきらめないで、ぜひ1度東進神辺校へ来てみてね!



 
■難関大現役合格、部活の影響なし!

 難関大学受験者の合格者・不合格者で部活をしていた人の割合(右のグラフ)はほとんど違いありません。むしろ合格者のほうが若干高い。
 つまり、部活動を行っていることが合否に影響を与えることはほぼないと推測できるます。


 さらに左のデータ。部活動の引退時期では、確かに不合格者より合格者のほうが引退時期が早い傾向にありますが、注目は黄色い部分。合格者も不合格者も変わりありません。現役合格者のうち7割以上が高3まで部活動を続けていたこともわかりました。どうやら部活動が現役合格のマイナスであるとは断言できないようですね♪



■合否を分けたのは受験勉強スタート時期だった!

 現役合格者と不合格者の最大の違いは右のグラフ(グラフクリックで拡大表示)!

 部活をしている、していないに関係なく、受験勉強の開始時期が合否に大きな影響を与えていたのです。部活生に限ってみても現役合格者は不合格者よりも受験勉強開始時期が早く、53 .7%が高2以前に開始しているのです。
 部活をしていない人のほうが早い時期に受験勉強を開始しやすいことは確かに否定できませんが、部活が受験勉強にマイナス要因を与えているとはあまりいえないのです。





■東進神辺校は部活生を応援します!

 部活動に打ち込みながら難関大に合格したい高校生にとってやはり「部活動と勉強の両立」は大きなテーマ。「部活してるから受験勉強が始められない・・・」という悩みを東進衛星予備校なら解決できます。科学的根拠のある戦略で、具体的な行動ができる環境と材料・道具を十分にそろえています。
 高2生で部活に打ち込んでいるあなた、できるだけ早く受験勉強を開始して欲しいと思います。早目の受験勉強スタートで、部活動を行いながら余裕を持って現役合格を目指してください!




 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています