■難関大現役合格、部活の影響なし!

 難関大学受験者の合格者・不合格者で部活をしていた人の割合(右のグラフ)はほとんど違いありません。むしろ合格者のほうが若干高い。
 つまり、部活動を行っていることが合否に影響を与えることはほぼないと推測できるます。


 さらに左のデータ。部活動の引退時期では、確かに不合格者より合格者のほうが引退時期が早い傾向にありますが、注目は黄色い部分。合格者も不合格者も変わりありません。現役合格者のうち7割以上が高3まで部活動を続けていたこともわかりました。どうやら部活動が現役合格のマイナスであるとは断言できないようですね♪



■合否を分けたのは受験勉強スタート時期だった!

 現役合格者と不合格者の最大の違いは右のグラフ(グラフクリックで拡大表示)!

 部活をしている、していないに関係なく、受験勉強の開始時期が合否に大きな影響を与えていたのです。部活生に限ってみても現役合格者は不合格者よりも受験勉強開始時期が早く、53 .7%が高2以前に開始しているのです。
 部活をしていない人のほうが早い時期に受験勉強を開始しやすいことは確かに否定できませんが、部活が受験勉強にマイナス要因を与えているとはあまりいえないのです。





■東進東福山駅前校・神辺校は部活生を応援します!

 部活動に打ち込みながら難関大に合格したい高校生にとってやはり「部活動と勉強の両立」は大きなテーマ。「部活してるから受験勉強が始められない・・・」という悩みを東進衛星予備校なら解決できます。科学的根拠のある戦略で、具体的な行動ができる環境と材料・道具を十分にそろえています。
 高2生で部活に打ち込んでいるあなた、できるだけ早く受験勉強を開始して欲しいと思います。早目の受験勉強スタートで、部活動を行いながら余裕を持って現役合格を目指してください!




− お問合せ・体験受講申込はこちらから −