■3/16(金):三原駅前校で開催 ■3/17(土):東福山駅前校・神辺校で開催


明治以来と言われる大教育改革により入試制度はどう変わる!?

新高1生をはじめとする現中学生は、2020年度大学入試改革の一期生です。
今後、日本の教育がどう変わっていくのか、どのような人財が求められるのか、

大学入試改革を控え、少なからず不安を抱える中学生やそのご父母の方々から
多くのお問い合わせをいただきます。

でも、しっかりと情報を集めて、しかるべき対策を講じさえすれば、
何も恐れることはありません。

大学入試改革の内容、求められる力、そのために何をすべきか、
地域の皆さまに知っていただく機会を「教育セミナー」として用意しました。

新高1生はもちらん、現中学生やご父母の皆さま、ぜひご参加ください。

教育セミナー




■対象 新高1生・中学生、その保護者さま
■会場・日時
  3/16(金)19:00〜20:00 三原駅前校 0120-024-811
  3/17(土)19:30〜20:30 東福山駅前校 0120-104-525
  3/17(土)10:30〜11:30 19:30〜20:30 神辺校 0120-104-591
      神辺校へは午前と午後、ご都合のいい方へご参加ください。



教育セミナー参加申し込み





■ なぜ新テストでは「思考力・判断力・表現力」が問われるのか
近年急速な発達が話題に上がるAI(人工知能)。
AIの登場で10数年後には現在の仕事の約50%がなくなると言われています。
日本においても人口減少やグローバル化・多様化の波が押し寄せています。

大きな社会変動を迎えるなかで、問題を発見し、答えを生み出し、
新たな価値を創造するための能力が重要となります。

大学入試で問われる問題は、時代に即して活躍できる人財の育成を反映しています。

■ 英語4技能入試は具体的にどう導入されるのか
入試改革大きな柱である、英語4技能入試。
今まで日本人が苦手としてきたスピーキング、ライティングが入試に取り入れられます。

それに伴い、外部の検定試験を大学入試に活用していくことも決定しています。
すでに多くの大学が導入している英語4技能入試の最新情報と、
スピーキング、ライティングの効果的な学習方法についてもお話しします。





■対象 新高1生・中学生、その保護者さま
■会場・日時
  3/16(金)19:00〜20:00 三原駅前校 0120-024-811
  3/17(土)19:30〜20:30 東福山駅前校 0120-104-525
  3/17(土)10:30〜11:30 19:30〜20:30 神辺校 0120-104-591
      神辺校へは午前と午後、ご都合のいい方へご参加ください。


教育セミナー参加申し込み









 
小中高等学校英語教員のみなさま、学習塾の先生方

TOEFL(R)など外部試験を活用した授業力アップ
グローバル人材育成プロジェクト2020


国際的な産業競争力の向上のため、グローバルな舞台で積極的に挑戦し活躍できる人材の育成が求められています。

特に英語教育の充実は、喫緊の課題。日本教育新聞社と、東進ハイスクール/衛星予備校・四谷大塚の株式会社ナガセとが共催で、「グローバル人材育成プロジェクト2020」を立ち上げました。


その一環としてこの「英語教育改革先取り対応セミナー」 では、世界最大の非営利テスト開発機関であるETS(Educational Testing Service=本部アメリカニュージャージー州プリンストン、約200の多岐にわたるテストプログラムを開発し、世界約180ヶ国以上で実施)が開発し、英語運用能力テストのグローバルスタンダードであるTOEFL(R)(世界2700万が受験)にスポットを当て、グローバル人材育成へのヒントを提示いたします。

小中高等学校の英語教員のみなさま、あるいは塾の先生方のご参加をお待ちしています。

英語教育改革先取り対応セミナー 8/18:広島会場


広島会場実施案内(8/18 広島国際会議場)(pdf)

Web申し込みはこちらから

(日本教育新聞社)


■主催:日本教育新聞社 ■共催:株式会社 ナガセ
■後援:文部科学省・外務省・アメリカ大使館
    開催各都道府県(一部近隣府県含む)教育委員会、開催市教育委員会
    全国都道府県教育委員会連合会、全日本中学校長会、全国英語教育研究団体連合会
    全国普通科高等学校長会、全国高等学校長協会、全国英語科・国際科高等学校長会
    (*申請中含む)
■協力:国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部
■お問い合わせ:グローバル人材育成プロジェクト事務局(日本教育新聞社)
        〒105−8436 東京都港区虎ノ門1−2−8
         電話:03−5510−7711 FAX:03−5510−7822